社内勉強会を立ち上げる – part 4 : TDDとペアプロのめざめ

とうとう年内の予定は今回でコンプリート!の社内勉強会。当初の予定通りTDD+ペアプロでのライブコーディングを行った。ネタは結局使いまわしてしまったが…。

一応スライドは作ったが、今回はあまり重要ではない。

スライドと今回書いたコードのアーカイブはこちら。

ダウンロード workshop_1_4_tdd.zip (16.5K)

コードは勉強会中に書いたものほぼそのままで、テストメソッドのコメントだけ私があとで追記した。環境はNetBeans6.5。NetBeansバインド+JIS配列のKさんとEmacsバインド+ASCII配列のM君という環境的な意味で困難なペアリングだったが、ちゃんと完成までたどり着くことができた。

【振り返り】

  • Keep
    • ちゃんと当初計画どおり第1回の4部構成を完遂できた。
    • 今回で4回目だが、意欲のあるメンバは毎回出てくれている。
    • TDD / ペアプロについての興味喚起はできた。「ペアプロを行った感想は?」という質問があった。
  • Problem
    • 完成まで90分かかり、終了が20時半を過ぎてしまった。ちょっと長すぎ。
    • 私が司会をしたのだが、コードの内容についてのツッコミも行ってしまった。
    • 参加してくれるメンバが固定してきた。隣の部署にも再度アピールしてみよう。
  • Try
    • 勉強会ではなく日常業務に少しだけペアプロを取り入れてみたい。
    • テストを書く習慣をつけたい。
    • その他のアジャイルプラクティスを少しずつ取り入れてみたい。

というわけで(何度も言うが)年内の開催はこれで終了。社内の業務も「今年の営業は終了しました」ムードなので、来年に向けていろいろネタを仕込み、年明けからは違うテーマで粛々と続けて行こう。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です