Google App Engineのデモアプリをローカルで動かす

Google App Engineとは、Googleのインフラでwebアプリケーションを動かせ、しかも(ある程度までは)無料という太っ腹というすごい仕組み。ただ、使用できる言語がPython限定だったので、個人的にはなんとなく遠巻きに眺めていた。

しかし、こんな噂があって…

Google、AppEngineでJavaのサポートを開始
http://jp.techcrunch.com/archives/20090326get-ready-for-java-on-appengine/

それが現実になった。

Google App Engine – Google Code
http://code.google.com/intl/ja/appengine/

twitter上がなんとなく「Javaが…」「Javaキター!」と騒がしいので調べてみたら、そういうことだった。

私もPythonよりJavaのほうが全然馴染んでいる。取り掛かるには今しかなかろう、ということで仕事を放り出し(またかよ)、アカウントの取得からHello,Worldまで試してみた。

アカウントの作成

Googleアカウントは持ってるものと仮定している。持ってなければこの機会にとってしまおう。

GAEのサインアップはこちらがちょう詳しいので略。認証コードを受け取るために携帯のメールアカウントが必要。

Java対応になったGoogle App Engineを使えるようにしてみた:さむしんぐにゅぅ
http://blog.somethingnew2.com/archives/2009/04/javagoogle_app.php

チュートリアルの内容

Introduction – Google App Engine – Google Code
http://code.google.com/intl/ja/appengine/docs/java/gettingstarted/introduction.html

  • GAEアプリケーションを標準的なJavaテクノロジでビルドする(ServletとJSPのように)
  • Eclipseあり / なしで作成する
  • Google Plugin for Eclipseを使う
  • JDO(Java Data Objects)の標準インタフェースでDatastoreを使う
  • Googleアカウントによるユーザ認証を統合する
  • アプリケーションをGAEにアップロードする

英語苦手なので胡散臭く堅苦しい翻訳でごめんね。おおむねこんなことをしますよ、というアジェンダ。

開発環境の整備

JDK

Java SE ダウンロード – Sun Developer Network (SDN)
http://java.sun.com/javase/ja/6/download.html

JDKとドキュメントをダウンロード / インストール。コマンドラインで動かすためにPATHをjdk1.X.X_X\binに通しておく。

Eclipse

※今回は使用しない(プラグインのインストールにしくじったので)。Eclipse本体と日本語化までの手順メモとして残してある。

本体

Eclipse Downloads
http://www.eclipse.org/downloads/index.php

Eclipse IDE for Java Developersをダウンロード。

日本語化言語パック

NLpackja-eclipse-java-ganymede-blancofw20080905.zipをダウンロードしてインストール。

Eclipse 日本語化言語パック (サードパーティ版)
http://www.igapyon.jp/blanco/nlpack/eclipse/

Eclipseに日本語化言語パックを導入する – SourceForge.JP Magazine
http://sourceforge.jp/magazine/08/10/20/0936240

プラグイン

ヘルプ→ソフトウェア更新→使用可能なソフトウェア→サイトの追加

http://dl.google.com/eclipse/plugin/3.4

「SDKs」もチェックしてインストールしてしまう。山ほど時間がかかるので、ボーっと眺めてるなんてことはせずにバックグラウンドで走らせておこう。暇つぶしに仕事でもしてみるとかね。

Using the Google Plugin for Eclipse – Google App Engine – Google Code
http://code.google.com/intl/ja/appengine/docs/java/tools/eclipse.html

いつまでたっても完了しないのであとまわし。

GAE SDK

ダウンロード – Google App Engine – Google Code
http://code.google.com/intl/ja/appengine/downloads.html

4/8現在、日本語ページにはJavaのSDKがあがっていない。右上のプルダウンで言語を「English」に変えると「Google App Engine SDK for Java」が現れる。ダウンロードして展開。

デモアプリケーションを動かす

コマンドラインから起動。Google SDKを解凍した位置にカレントを移動して…

> bin\dev_appserver.cmd demos\guestbook\war
The server is running at http://localhost:8080/

起動メッセージが出たらブラウザから…

http://localhost:8080/

ゲストブックアプリケーションが表示されるので書き込んでみよう。書き込めたら小躍りするなりひゃっほう!と叫ぶなり。

本日はここで時間切れ(お仕事的な意味で)。今後も引き続きチュートリアルを進めてみる


Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です