トランジスタでNAND回路を組む

タイトルだけで内容の80%は伝え切っているエントリ。いつ役に立つかはまったく不明だが、回路図と実装の写真を載せるために書いてみた。

実装

090429_1429

今回は再利用性が低いため、ブレッドボードにぽちぽちと部品を組み合わせて実装した。なので可搬性は著しく下がってしまったが、100均で買った工具箱が運搬にちょうどいいので重宝している。

電源は秋月のACアダプタ(GP05-US0510 : 5V / 1.0A)。ブレッドボード用で使えるよう、ジャックからリード線→錫メッキ線とハンダ付けしたものを作った。。回路手前には安全のためポリスイッチ(RXEF025 : 250mA / 500mAで遮断)を入れている。

回路図

Nand_circuit

水魚堂回路図エディタ(いつもお世話になってます)で書いた。「あれ、やっぱプルダウンないとダメ?」などと試行錯誤したので、間違いなどご指摘いただければ幸いである。


このネタはGenesis Lightning Talks vol.15しゃべるために用意したもの。実際にブレッドボードを持ち込み、会場のプロジェクタにロジクールのwebカメラ(Qcam S7500でキャプチャしたものを流した。会場ではそこそこ見えたようだが、それをさらにustreamで中継した先ではさすがに見づらかったようだ(ごめんなさい)。

なぜNAND回路を作ったか、というお話はこの辺に。

撮影したし記事にしたし、やっとブレッドボードの実装をバラかすことができる。いろいろやることがたくさんで大変なのだが、次のネタも考えなくては。


Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください