DevLOVE2009 Fusionに登壇する – 感情編 –

12/12(土)、DevLOVEというコミュニティの年次イベント「DevLOVE2009 Fusion」が開催された。その中に30分 x 2のセッション枠をいただき、「Gainer Cooing / Arduino Hacking」という内容でお話させていただいた。

本エントリは、このイベントに参加することになったいきさつ、思ったことや考えたこと、得たものや失ったものなどについて書いてみる。

セッションの内容についてはこちら。スライド / 動画をまとめてある。

いきさつ

勉強会カンファレンス」「Tech・Ed」で一緒に登壇したpapandaさんからメールが届いた。

DevLOVEで、Gainer/Arudinoの話(実演)をやりませんか。

10月のとある日曜日、Arduinoの動作テストをする光景をustream中継していた。それを見て興味を持ってくれたらしい。

実は、完全に依頼ベースで勉強会のスピーカを担当するのはこれが初めてである。Lightning Talksや社内勉強会など、今まで行ってきたプレゼンテーションは全部立候補ベース。初めての経験とあって、緊張するやら気合いが入るやら。

それから2か月弱、準備の日々が続く。仕事は毎日定時で逃げ出し、飲み会 / 勉強会への参加をかなり減らし、リビングを作業場にして散らかし放題に散らかし、いろんな方面に迷惑をかけながらどうにか作り上げたのが、このセッションである。

謝辞

まずは当日会場で / ustreamで / youtubeの録画で、セッションを見てくださった皆さん。もし何か一つでも新しい気づきを見つけていただいたら、とても嬉しい。

アシスタント役のsyumikkoさん。アシスタントをしていただけなかったら、このセッションは成り立たなかった。緊張している、とのことだったので「成功したらあなたのおかげ、失敗したら私のせい」と申し上げておいた。どうやら成功と言っていいセッションになったので、あなたのおかげです。

セッションのustream中継と録画・編集・youtubeへのポストを担当してくださったさとうようぞうさん。手元カメラの映像を合成していただいたので、あとで見る録画が別のコンテンツとして価値を持った。

DevLOVE運営スタッフの皆さん。リハに立ち会っていただいたり、ネタに笑っていただいたり、事前準備の段階で手応えをつかむことができた。もちろん当日のオペレーションがなければ、イベント自体が成立しなかった。特にイメージキャラクタ作者のtorazukaさん、事前打ち合わせでご一緒したkiriyamさん。

鳥一代」。打ち合わせのときに感動した味を、なんとオラクル青山センターまでケータリングしてくれた。ここは大変おいしいので、近いうちにプライベートで行くつもり。

日本オラクルさん。会場提供はもちろん、スタッフの方が土曜日にも関わらず立ち会ってくれるのは結構な負担だと思うが、そのおかげで勉強会コミュニティは会を開くためのパワーをいただいている。

フィジカルコンピューティングでいろいろ作っている皆さん。特にkoress projectIAMAS 小林さん、otsuhataさんには刺激を受けた。また、Arduinoを手に入れるきっかけになったCEREVOさんのセミナー、スポンサーのチップワンストップさん。

よしおかひろたかさん。勉強会カンファレンスでできた縁で実現したセッションであるのはもちろんのこと、デモに使った「へべれ計」のアイデアを提供していただいた。

そして、papandaさん。この男と知り合ったのは幸せなことだし、この男に誘われたことを誇りに思う。

そして懇親会へ

セッション終了後、なんだかボーッとしてしまい、しばらく動けなかった。無事終わったという安心感と、昼飯を食いそびれた空腹感のせいだったろうか。

懇親会でビールを飲み、「鳥一代」の弁当を食べて気力復活。飛び入りLT大会が始まったので、Wifehacksについて話した。

Wife Hacks

View more documents from kwappa.

錚々たるラインナップに混ざってずいぶん無茶なLTをしたもんだが、アルコールのおかげでそこそこ笑いが取れたのはよかったよかった。

まとめ

このエントリを書くことで、やっと私のDevLOVE2009はおしまい。クロージングでpapandaさんが言っていた「来年は目指すべき月とそのための乗り物について話そう」というメッセージが印象的だった。私も、来年目指す月を探すことにしよう。


Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください