学生さん向けに特別講義をする

4月12日と13日、桐蔭横浜大学の学生さん向けに「特別講義」として枠をいただき話をしてきた。一応「とべとべ」扱いで、去年の7月に続いて2度目の試みとなる。

4/12 プログラミングI

この日は「プログラミングという仕事が社会とどう関わっているか」というテーマを中心に話した。相方はこの講義の担当の山口先生。「太郎くん」というペルソナを設定し、彼の一日を通じてソフトウェアと社会の関わりを考える、という内容。その割にはI/Oやら駆動方式やらの話をしてるけど。


動画プレイリスト(YouTube)

4/13 プログラミングIII

この日は去年のテーマのアレンジ版で、研修とOJT、そして勉強法について掘り下げている。

動画はプレイリストの後半をご覧いただきたい。

雑感

  • 個人的にはとてもそんな話をしてる場合ではないのだが、それでもなんだか熱量が高まってしまい、いろいろ喋ってしまった。
  • この2日間は講演以外でも学生さんと接する機会があり、さまざまな発見があった。結構「日本ヤバい」と思うことがあり、衝撃を受けたりもした。
  • 一応教室で「授業の時間」として話をさせてもらったので、この話が何らかの成果を上げたのかどうか知る方法がないものか、と考えている。少しでも成果(能力や意欲の向上)があったのならよいのだが。

貴重な機会を与えてくださった桐蔭横浜大学と山口先生、ありがとうございました。学生諸君の将来に、少しでもプラスになれば幸いです。

Links

動画プレイリスト(YouTube)
http://www.youtube.com/view_play_list?p=2BF6B026F554D27A

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です