「Web制作者のためのGitHubの教科書」という本を執筆しました

サイバーエージェントの平木さん(@Layzie)、原さん(@herablog)、紫竹さん(@79yuuki)との共著で、「Web制作者のためのGitHubの教科書 チームの効率を最大化する共同開発ツール」という本を執筆しました。

10/24、インプレスジャパンさんから発売予定です。昨日無事校了との連絡がありました。

どんな本?

Web制作者のための***の教科書」シリーズに連なる本で、エンジニア以外の人にもGitHubを使ってもらうための入門書です。Gitの基本的な概念と使い方、CUIとGUIでの操作、GitHubの機能とユースケースなどを、やわらかくわかりやすく紹介しています。

詳細は発売してからのお楽しみ…ですが、バージョン管理なにそれ?黒い画面怖い!な人でもGitHubを使ったチーム開発に参加できるよう、わかりやすく解説しています。ご期待ください!

執筆に至った経緯

…というわけ。ひょんなきっかけで人生初の執筆を経験できたので、関係各位には大変感謝しております。

執筆中のできごと

執筆が決まってから校了までの間に、初心者やノンエンジニア向けのGit / GitHubの記事やスライド、同人誌や書籍がどんどん出てきて大変焦りました。

特に元チームメイトが書いた「イメージできるGit」は、実際にデザイナがGitを覚えていった体験がベースになっているので、手強い競合です。1冊購入しましたが大変わかりやすいので、デザイナの方にはおすすめ。

すでに「GitHub実践入門 ~Pull Requestによる開発の変革」が出版されていますが、どちらかというとエンジニア向け。幸いなことに「ノンエンジニア向けのGitHub本」という真っ正面からの競合は出てきませんでした。職種やスキルにあわせて最適な入門書を選ぶときの、なかなかよい選択肢のひとつになったのでは?と自負しています。

発売 : 10/24

すでにAmazonでは予約が始まり、書影も出ています。「Web制作者のためのGitHubの教科書 チームの効率を最大化する共同開発ツール」、どうぞよろしくお願いします!!

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です