Category: API

めりくり〜〜〜。これはドワンゴ Advent Calendar 2015の最終日の記事です。みなさんはいい子にしてましたか?サンタはきましたか?

なんとまあ、この記事はKwappa研究開発室1年ぶりのエントリーとなってしまいました。どんだけさぼっていたんだ…。

今年の仕事

さて。

今年の主な仕事は、教育事業に関連する開発チームのマネージャーという立場でした。自分でプロダクトコードを書くとボトルネックになってしまう、という(高い授業料を払った)過去の学びから、ひたすら裏方に徹しています。打ち合わせやTODOの数も多く、マネージャーに対してのマネジメントが切実に必要でした。

プロダクトコードを書かないマネージャーであっても、ソフトウェアエンジニアたるもの「ないものは作るしかない」。というわけで、仕事の合間にちまちまとSlack Botを導入し、必要なプラグインを作っていました。

kwappa/kinoco

それがこのkwappa/kinocor7kamura/rubotyに機能を詰め込んでだものです。いくつか自前のプラグインも開発したので、それらを紹介していきます。

kinoco

(さらに…)

スキャンした電子書籍を{ISBN}.pdfという名前で溜め込んでおいたら、あとから検索性が悪くて絶望した。一覧ページを作るために、「ISBN 検索 API」でググったところ、Amazonと楽天が有力候補(…というかそれ以外にほとんど存在しない)らしい。

普段から使っていることだしAmazonでいいか…と使ってみたら、いろいろやることがあったので手順をメモっておく。

(さらに…)

はい、今回も飽きもせずに twitter の小物を晒しますよ、っと。

今回のお題は「twitter のアイコン変更ツール」。普通に twitter のホームから「設定」>「アイコン」とたどって「これはいい画像ですね!」とほめてもらうのもいいが、複数の画像をさくさく切り替えたり、crontab などを使って時間で切り替えたり、なんてこともやってみたい。

そういう用途に適したツールを、「サクッと作る」ことを目標に PHP で実装してみた。web サーバに設置してブラウザから叩いてもいいし、crontab (…とwget) で API 的な使い方をしてもいい。

(さらに…)

先月末からしばらく github やら ruby やら twitter API やらをいじってはエントリしていたのは、twitter bot を作りたかったのでその予習をしていたのであった。稼働からしばらく時間が経ってしまったのでちょっと今更感があるが、twitter bot のデビュー作を晒してみようと思う。

アカウント停止のお知らせ


2010-01-19 追記


諸事情によりアカウントを停止した。ソースコードなどはそのままにしてあるので、twitter botを作る際の参考資料として役立てていただければ幸いである。


追記ここまで


概要

いきさつ

ラクをしないと成果は出ない」という本がある。ライフハック的なエッセイを見開き2ページで100本集めた本で、かのダンコーガイが絶賛していたことでもおなじみ。発売当時、仕事環境的な理由で技術書よりビジネス本を読みまくっていた私にはストライクな本で、100か条をわざわざテキストファイルに「写経」しては眺めていたりした。

さすがにしばらくして熱は冷めたのだが、今回の「twitter botを作りたい」という欲求と一緒の写経したテキストの存在を思い出し、「名言botなら実装もカンタンだ」とネタに選んだというわけ。


(さらに…)

しばらく時間が経ってしまったが、引き続き ruby + twitter の組み合わせで小物作りは継続している。今回は oauth を使った認証と、 oauth に対応したライブラリ 「rubytter」を使ってみる。

(さらに…)

Googleで検索すると、「もしかして:」と検索キーワードの候補が表示されることがある。また、Firefoxなどブラウザの検索バーにキーワードを打ち込むと、狙いすましたような候補が出てきて驚くことがある。

これを提供しているのがGoogle Suggest。APIとして公開されているので、webアプリからも簡単に使うことができる。最近意図的にRubyばっかり書いているので、Rubyを使ったサンプルをメモがてら晒すことにする。

追記

【2009-10-22 追記】

一番書く必要があった「リクエストURL」について書き忘れていたので追記。

(さらに…)

日々ついったったーを全裸にひんむいている「全裸bot」は、Yahoo! Web API日本語係り受け解析を使ってtweetをzenrailzeしている。先日血を分けた弟とも言える「北海道bot」も誕生し、日本語解析ブームはいまや最高潮と言えるだろう(私の周囲で)。

私もうらやましくて参戦の機会をうかがっていたのだが、ちょっとしたアイデアが浮かんだので手を動かしてみることにした。まずはモノを作る前の準備段階をメモしておくことにする。

(さらに…)

SOAPでwebAPIを叩く

仕事でちょっと必要になったので、PHPのSOAP拡張モジュールを使ってみた。わかってしまえばなんということはないのだが、意外と資料が見当たらなかったので手順をメモしておく。

SOAPって何だ?

Simple Object Access Protocol

とくちょう:

  • 通信プロトコル : HTTP
  • SOAP 1.0 : HTTPのみ
  • SOAP 1.1~ : FTP、SMTPなども選択できる
    (現行バージョンは1.2)
  • データフォーマット : XML
    • 「エンベロープ」というメタデータでくるむ
    • 文書本体(Body)の前にヘッダ(Header)をつけることができる(=Optional)

    (さらに…)