Category: Bookreview

技術評論社から刊行されているRubyの入門書「かんたんRuby」を、著者のすがわらまさのりさんからご恵贈いただきました。


たかまる「プログラミング入門」への需要

プログラミング教育の必修化をきっかけに、プログラミング教育への注目度が俄然高まっています。小学生だけではなく中高生向けの教材やコンテスト、社会人向けのプログラミングスクールなども増加し、プログラミング能力を獲得するメソッドへの需要も急増中です。

自明の罠

ぼくも自社およびグループ会社の研修担当として、エンジニア職以外の新卒にプログラミングを教えてくれ、という依頼を受けて、ここしばらくはプログラミング未経験の新卒たちにJavaScriptの初歩などを教える業務もしています。

手頃なサイズの教材がないため、演習の資料はすべて書き下ろしたのですが…これがまた非常に難しいのです。極限まで噛み砕いて書いたつもりの教材でも、講義を始めると目が点になる新卒たち。すっかり「エンジニアとしては自明」に毒され、初心者がつまずくポイントを見逃してしまいがちで、とても苦労しました。

「かんたんRuby」は簡単だが「かんたんRuby」を書くのは簡単ではない

そんな経験をしたところで本書「かんたんRuby」を読むと、行間に著者の苦労がにじんでいるように見えてきました。

プログラミングを教えるにあたって「かんたん」と「ごまかさない」は多くの場面でトレードオフになりがちです。古の #include <stdio.h> を思い出すのですが、説明が大変かつ本質的でないところは、つい「おまじない」として先送りにされてしまいます。

本書にはおまじないも先送りもほとんどなく、きちんと最初から「ごまかさずに」Rubyを学べるようになっています。章立ての順序がよく考えられており、「おまじない」が極力登場しないよう工夫されています。その上でそれぞれの項目は理解しやすく「かんたん」に書かれているので、ごまかされずに理解を深めることができます。

こういうポイント、研修講師をやる前だったら気づかずに「よく書けた入門書ですね」という感想で終わっていたような気がします。あの経験があったからこそ、本書の苦労がよくわかる…。

もうひとつよいのは、Ruby on Railsについてはスコープ外にしていることです。Railsはものすごく便利なフレームワークですし、Webアプリを作り始めるにはもっとも妥当な選択肢のひとつだと思っていますが、「Railsを学ぶ」ことと「プログラミングを学ぶ」ことには少しギャップがあるようにも感じています。本書はそのギャップを埋めてくれる役割も果たしてくれそうです。

こんな人にとくにおすすめ

  • 研修などで未経験者にプログラミングを教える必要がある人
  • Railsに触れてRubyやプログラミングそのものに興味が出てきた人
  • そしてもちろん、未経験からプログラミングを学ぼうとする人

Rubyはプログラミングを学び始める入り口としても、とてもいい言語です。入門のお供にも、本書があると安心です。

すがさん、「かんたん」ないい本を書いてくれてありがとうございます。そして書評遅くなってごめんね!!!

Hiromu Shioyaさん(@kwappa)が投稿した写真

ござ先輩から著書「独習Python入門 1日でプログラミングに強くなる」をご恵贈いただきました。

Pythonはほとんど未経験だったので、サンプルコードは全部写経してみつつ、感想を書いてみました。コードと一緒にGitHubにてご覧ください。

kwappa/gothe_python


ソフトウェアエンジニアのあいだで人気が高まっているチャットサービス「Slack」。みなさんはもうお使いですか?

洗練されたUI、柔軟な他サービスとの連携、オープンなAPIなど、エンジニアにとってはグッとくる特徴を備えています。僕の周囲でも他サービスからSlackに乗り換える会社が多く、プライベートなコミュニティがSlack上に構築されることも増えてきました。

そんな盛り上がりを見せているSlackに、待望の入門書が出版されました!それがこの「Slack入門 ChatOpsによるチーム開発の効率化」です。著者の@matsukazさんからご恵贈いただいたので、書評させていただきます。

(さらに…)

ニコニコ動画とAWS

ニコニコ動画のインフラ、というと巨大なオンプレミス環境というイメージをお持ちの方が多いようです。実際ほとんどのサービスはオンプレミス環境で動いており、一時期は「日本のインターネットトラフィックの10%を占めている」などと言われたりもしました。

ところが今年に入って、弊社ではAWSの利用が急増してきました。AWS Summit 2015では「ドワンゴが AWS を使ってみた」というセッション(レポート / スライド / 動画)で、LDRの事例を紹介しています。

また、10月にリリースされた「ニコナレ」や「ニコルン」といった新サービスも、オンプレミス上の基盤システムをAWS上のサービスから利用する、という形で構築されています。特に「ニコナレ」のバックエンドで稼働しているメディアストレージはマネージドサービスを多用しており、スピーディなリリースに寄与しています(詳細 : RubyとAWSでつくるメディアストレージ基盤 – Qiita)。

このようにAWS活用の流れは加速しており、来年以降も事例は増えていく見通しです。

「実践 = 仕事」でAWSに入門するために

しかし、AWSの利用経験は乏しかった弊社、インフラ担当のエンジニア陣は試行錯誤の連続でした。僕が見ていた「ニコナレ」チームでも悪戦苦闘し、なんとかリリースにこぎつけたころ、「Amazon Web Services 実践入門」という本が出版されたのです。


(さらに…)

こんにちは。最近gitづいているかっぱおじさん(飯王)です。

さて、今回は@matsukazさんから献本いただいた「開発効率をUPする Git逆引き入門」のご紹介。先日「にゃんっ!」( #git_nyan )で登壇したきっかけでご連絡いただいて、書評させていただく運びとなった。

Git逆引き入門

learn git or die

私は2011年にgitについて小一時間しゃべってるのだけど、世間はやっとgit / githubによる開発フローが当たり前になってきたらしい。それはつまり、git / githubについて「使えることが強み」な時代から、「使えないことが弱み」になってきた、ということだ。

ソフトウェア開発の現場では、使えて当然と思われるgit。すばらしいツールではあるんだけど、同時に「たかがツール」。ソフトウェアエンジニアのみなさんには、さくっと使いこなして、効率よい問題解決に注力してほしい。そのための高速道路として、本書「開発効率をUPする Git逆引き入門」はとてもよいガイドだ。

「ググれカス」より確かな資料

本書は「逆引き」「入門」のタイトルどおり、初心者が困ったときやりたいことベースで解決法を探すことに特化した本だ。

(さらに…)

著者である「Rubyサポーターズ」のリーダー(?)、まーくんから本書「パーフェクトRuby」をいただいてからはや2か月。すっかり遅くなってしまったが、「パーフェクトRuby」の書評をやっと書いた。

ちなみにこの2か月何をしていたかというと、普通に本書を仕事に活用していた。いやー役に立つ本だ。さすが、信頼と実績のパーフェクトシリーズ。そして遅くなってごめんなさい、まーくんと愉快な仲間たち。


信頼と実績のパーフェクトシリーズ

技術評論社から出ている「パーフェクトシリーズ」は、どれも「その言語で仕事するならまずは読んでおけ」という内容を網羅した、信頼と実績のシリーズである。私も「パーフェクトPHP」と「パーフェクトJavaScript」の書評をさせていただいたのだが、どちらもとてもよい内容だった。

もちろん本書も「パーフェクトシリーズ」の名に恥じぬデキで、Rubyで仕事するなら知らなかったではすまされない内容を網羅している。

(さらに…)

先日、著者である@igaiga555さんから献本をいただいた「たのしい開発 スタートアップRuby」。しかし、いつも書評を掲載していただいている「晴読雨読@エンジニアライフ」では、別の書評がすでに公開されている。

すっかり出遅れてしまった上に個人blogへの掲載で大変申し訳ない気持ちなのだが、本書はとてもいい本なので、こちらでも書評を公開させていただく。



(さらに…)