Category: Environment

現在の仕事環境

現在の仕事環境

会社から仕事用マシンとしてMacBook Pro (13 Early 2011)が支給されて、非常に快適に仕事をしている。今までのWindows機は外部モニタを2枚つないで本体は閉じていたのだが、Macになってからは本体のモニタ+外部モニタ構成にしたので、机の上もだいぶ省スペースにできた。

ところが、更なる快適さを求めてプライマリモニタを本体から外部モニタに変えてみたら、微妙な落とし穴にハマってしまった。

Twitterで嘆いたら幸いにもすぐ反応をいただき、しかもそれがドンピシャ。見事翌日には解決したので、経緯をメモとして残しておく。

現象

フォントのアンチエイリアシングがおかしい。かかってはいるが、なにかかすれている感がある。

アンチエイリアスが弱い

アンチエイリアスが弱い

こんな感じ。

(さらに…)

MacBook Airがモデルチェンジした。

今のMacBook Pro (13 mid 2009)でも動作的な不満はあまりないのだが、物理的な重さにはだいぶメゲていた。2年も使えば償却も十分、ということで、発売日にオーダーして使っている。

そして職場で開発に使うマシンとして、MacBook Pro (13 Early 2011)が支給された。もちろんOSはLion。やったぜ!

というわけで手元にはクリーンインストールされたLionマシンが2台ある、という状態になった。真っさらのOSを開発できるように整えていくのは、面倒だけど楽しい作業でもある。手元にあるMacも順次Lionに入れ替えていくので、いろいろ行った作業の手順をメモっておく。


(さらに…)

徳丸浩(@ockeghem)さんの著書「体系的に学ぶ 安全なWebアプリケーションの作り方 脆弱性が生まれる原理と対策の実践」(以下「wasbook」)を読んでいる。

添付のCD-ROMに実習環境としてVMWare Playerとディスクイメージが収録されている。しかし、私の手元の環境はMac / WindowsのVirtual Box。新たにインストールするのは面倒なので、ディスクイメージ(.vmdk)をVirtual Boxで読み込んでみた。


といっても手順は特に難しくない。以下作業メモ。

(さらに…)

gitoliteというソフトウェアを使うと簡単にgitのセンターリポジトリを構築できる。安くて使い勝手のいいさくらのVPSに構築することで、簡単にプライベートなgitリポジトリを持つことができるのだ。

先日社内に発足した「もくもく会」的な集いで構築してみたので、作業メモを晒しておく。

VPSのOSはデフォルトのCentOS 5.5 64bitを前提にしているが、yum以外は他のOSでもあまり変わらないだろう。

                                                                        

(さらに…)

オライリー・ジャパンさんより、「入門自然言語処理」という本をご献本いただいた。人生初の献本なのですごくうれしい。

書評を書くという約束でいただいているので、さっそく読み始める…のだけれど、この本は実習問題がたくさん掲載されているので、手を動かさずにただ読んでもあまり意味がない。そこで、サンプルを動かす準備をしてみた。


(さらに…)

あまり頻繁にやらない→やるたび毎回忘れるのでメモ。

環境

  • 中央リポジトリはsubversion (http)
  • 手元のVM(CentOS)ではgitを使いたい
  • ホストはWindows、Turtoise SVNを使う
  • ファイルシステムはWindows上に置き、VMからマウントして使う

作業

チェックアウト
% git svn clone http://exapmle.com/project_name/trunk project_name

チェックアウトしたディレクトリをWindows上で右クリック→SVN Checkout→該当プロジェクトをチェックアウト。git svnでcloneしたディレクトリに重ねてチェックアウトする。

日常の開発

普段はgitでbranchを切って、その上で生活する。svn commit(中央リポジトリへpush)するときは…

% git checkout master               # git側をmasterに切り替える
% git svn rebase                    # svn側の変更を取り込む
% git rebase master branch_name     # masterの変更をbranchに適用
% git checkout master               # git側をmasterに切り替える
% git merge branch_name             # branchの開発成果をmasterにmerge
% git svn dcommit                   # 変更をsvnにcommit

プロジェクトディレクトリを右クリック→SVN Updateし、svn側のバージョン情報をローカルにマージしておく。

Links

Subversionリポジトリと連携できるgit-svn – SourceForge.JP Magazine : オープンソースの話題満載
http://sourceforge.jp/magazine/09/03/26/0834222

ごく基本的な内容なのだが自分用メモとして書いておく。

現象

crontabのエラー通知がメールとして届かない。/var/log/maillogを見ると、user_hoge@example.comに送ろうとして、user unknownで失敗している。

環境

とあるVPSで借りているRHEL4。

% cat /etc/redhat-release
Red Hat Enterprise Linux ES release 4 (Nahant Update 4)
% uname -a
Linux phyzz.bz 2.6.18-028stab056 #1 SMP Mon Nov 2 13:19:07 UTC 2009 i686 i686 i386 GNU/Linux

(さらに…)

過去のGainer / Processing記事はすべてWindows環境で動かしてきた。しかし、今手元にあるノートPCはMacBook Pro。外で開発 / デモをするには、こちらにも環境を構築しなくてはならない。なおかつ、GainerをMode 7で動かすにはライブラリを修正してビルドする必要がある。

なので、今回はソースコードからビルドして環境を構築してみた。

(さらに…)