Category: Text

ぼくの大切な友人でもある優秀なエンジニアが、マネージャーを引き受けることになったと聞きました。いろんな事情がありなかなか大変な決断だったらしいのですが、どうせやるならがんばってほしい、うまくいってほしいという老婆心を(おっさんなのに)発揮して、ぼくが初めてマネージャーになったときのことを思い出しつつ、勝手にアドバイス的なことを書こうと思います。

自社でWebサービスを運営する会社の開発チームのマネージャー、という前提で書いています。

読むといい本

はじめての課題に挑むとき、賢い人は先達の知恵が詰まった「書籍」による知のショートカットを試みます。読んでおいて損はない2冊を紹介します。

新版 はじめての課長の教科書

ベタなタイトルですが、「マネージャーになるとはどういうことか」を一般論で語ってくれるわかりやすい本です。まずは読んでおいて、会社や環境に合わせて理解を修正していくとよいでしょう。


チームが機能するとはどういうことか

「チーミング」「プロセス知識スペクトル」「心理的安全性」という重要ワードが出てくる本です。チームで問題解決をするのが主なミッションであるソフトウェア開発において、避けて通れない考え方が紹介されています。


こころがまえ

よく居酒屋のトイレに貼ってある小言的なやつです。老婆心を燃料に、いままでいろいろ考えてきたことを要約してみます。

マネージャー最大の仕事はメンバーの給料を引き上げることだ

マネージャーの仕事につく細かいラベルは無限に存在しますが、源流まで遡るとここに行き着きます。メンバーに成果を出させ、それを交渉材料にメンバーの給与を引き上げること。このゴールがブレると、メンバーもマネージャーも不幸なことになることが多いように思います。

チームのミッションを説明し、それぞれのメンバーに期待する役割と成果を設定し、それを達成できるようサポートする。メンバーがあげた成果を可視化し、給与を決定する場での説得材料を作る。これらがマネージャーの仕事です。

メンバーの給料を引き上げられるマネージャーであれば、自らの評価も押し上げていくことができるでしょう。

自分を守れるのは自分だけ

マネージャーになるとつい張り切って「メンバーを守るのがぼくの仕事や!!!!!」などとなりがちです。もちろんリーダーとしてメンバーを外圧や理不尽から守るのは大切な仕事ですが、そこが行き過ぎて保護者マインドを持ってしまうとお互い不幸になります。

メンバーを守るのが仕事ではなく、自分を守れるメンバーを育て、メンバーが自分を守るのをサポートするのがほんとうのマネージャーの仕事です。期待する役割と成果をきちんと伝え、それを達成するためにサポートする意思があることを伝えたら、あとはメンバーが頑張り、問題や困難に出会ったら自分で判断する。メンバー自身では解決できないことを補助し、一緒に解決に導く立場としてのマネージャーであるべきです。

そして、マネージャー自身を守るのもマネージャーの仕事です。チームだけではなく自身の負荷を把握しコントロールできることが求められます。さらに言うと、せっかくモチベーションを持ってマネージメントに取り組もうとする新任マネージャー(きみのことだ)が自重で潰れていくのは、マネージャー自身にとっても会社にとっても大きな損失なのです。

メンバーには「自分で自分を守る」という意識を持ってもらう。マネージャー自身も「自分で自分を守る」という意識を持つ。これがマネージャーとして重要な仕事であり、強いチームに必要なマインドセットでもあります。

期限があるタスクを持つと死

これはぼくの経験から思ったことであり、うまくマルチタスクとオーバーワークを回せるマネージャーには当てはまらないかもしれません。

プロジェクトにたくさんのタスクがあり、見積もりをすると現存戦力では期限に間に合わない。そんなとき「プレイングマネージャー」という言葉を思い出し、マネージャー自身がタスクを自分にアサインしてしまうことがあります。しかし、たいていの場合これは悪手となります。

見積もりが溢れた分を現実的な見積もりで自分がカバーする。不慮の事態がこれ以上発生しなければ、それは妥当な判断と言えるでしょう。しかし、マネージャーのタスク消化をアテにしなければならないようなプロジェクトの場合、第二第三の「不慮の事態」は高い確率で発生します。そのとき、マネージャーが目の前のタスク消化で手一杯だったら、いったい誰が次の「不慮の事態」を捌くのでしょう?

マネージャーには「自分のリソースはボーナスだと思う」スキルが要求されます。最前線に乗り込むのは最後の手段としてとっておきましょう。

まとめ

ソフトウェア開発チームのマネージメントという仕事は、大変で、重要で、そして面白い仕事でもあります。マネージャーになる・ならないの選択肢が提示された状況で「なる」ことを選んだのは、その理解と覚悟があったんじゃないかな、と思います。

がんばってね。困ったことがあったら、いつでも呼んでね。

サイバーエージェントの平木さん(@Layzie)、原さん(@herablog)、紫竹さん(@79yuuki)との共著で、「Web制作者のためのGitHubの教科書 チームの効率を最大化する共同開発ツール」という本を執筆しました。

10/24、インプレスジャパンさんから発売予定です。昨日無事校了との連絡がありました。

どんな本?

Web制作者のための***の教科書」シリーズに連なる本で、エンジニア以外の人にもGitHubを使ってもらうための入門書です。Gitの基本的な概念と使い方、CUIとGUIでの操作、GitHubの機能とユースケースなどを、やわらかくわかりやすく紹介しています。

(さらに…)

この記事は「新卒準備カレンダー 2011春」および「108番目のきのこを生やす会」への参加記事です。


はじめに


がんばろう日本

2011年3月11日に発生した「東日本大震災」に被災された方に、心からお見舞い申し上げます。いつもの毎日が、一日も早く戻りますように。

お前、誰よ?

だいぶ歳を食ったプログラマです。来年(2012年)には不惑を迎えますが、いまだに惑いまくり。

職歴

フリーターをしていたらなぜかゲーム業界に入り、家庭用ゲームの制作を8年ちょっと(前半4年は企画職、後半4年はプログラマ)。結婚を機に転職し、数度の転職を経て、いまはCP(コンテンツプロバイダ)でプログラマをしています。

プログラミング歴

中学生の頃に8bitマイコン(X1 turbo)でBASICを触りました。しばらく空白があったのち、ISDNの時代には趣味でperlやPHP。ゲーム屋ではC/C++やJava。転職後はC/C++、PHP、Java、C#など。今は主にRubyを書いています。

で、何が言いたいの?

自己紹介を読んでいただくとうすうす察しはつくと思いますが、大学には行ってないし新卒で就職したこともありません。なので、新卒について語れることはほとんどないのですが…そこは「自重はダークサイド」という言葉もありますし。IT業界にこれから入る新卒のみなさんに、新卒の経験「以外」でお話しできることを書こうと思います。

転職の準備をしよう

これから新入社員になるみなさんに、いきなり転職の話をします。ちょっとした暴挙とも言えますが、おつきあいいただければ幸いです。

(さらに…)

この記事は「108番目のきのこを生やす会」参加記事です。


みなさんは、twitterのアカウントはお持ちでしょうか。では、facebookは?はてなは?あるいは、mixiは?なんらかのソーシャルメディアで、日々のできとごや思ったことを発信しているでしょうか。

普段見聞きしたこと、面白いと感じたこと、おいしかった食べ物。そんなことを発信しているのであれば、もう一歩踏み出して、日々のプログラミングという仕事で出会ったこと、学んだこと、そして間違ったことを発信してみましょう。

あなたが仕事で困難に出会い、それを克服したとき、あなたは学びを得、成長していることでしょう。その学びを確固たるものにするために、「誰かに教える」というのは大変有効な手段です。自分でわかっているつもりの事柄を誰かに教えるためには、自分自身がきちんと理解していなければなりません。教える事柄を再確認し、質問されても答えられるように備えることは、困難を克服する以上の学びをもたらしてくれます。

困難を克服し、それを誰かに伝える。職場や学校では普通に見られるサイクルです。でももしかして、あなたの周りには、学びを共有する仲間や困難に立ち向かっている後輩がいないかもしれません。だとしたら、あなたはすぐにblogを書き始めるべきです。

困難に出会い、それを克服していく過程をblogに書く。場合によっては、自分の未熟さを全世界に発信することかもしれません。でも、それが「学びを確固たるものにするための手段」なのです。

もしかしたら、尊敬すべき先輩から間違いを指摘するコメントがつくかもしれません。それは、何も発信しなかったら得られなかったはずの貴重なアドバイスです。また、あなたが発信した「未熟さ」とそれを克服していく過程は、あなたと同じ道をあとから歩いてくる後輩にとって、とても勇気づけられることなのです。

さらに、発信するための文章を書くことには、二つのよい効果があります。

ひとつは、発信する情報を再確認することです。実際に得た答えを書くだけではなく「なぜその方法で解決できたか」を整理して文章にすることで、より深い理解が得られるでしょう。また、整理と確認をする行程で、あらたな発見があることも少なくありません。

もうひとつは、文章を書くトレーニングになることです。プログラマはよいコードを書くことが一番重要な仕事ですが、それと同じぐらい、よいコメントやよいドキュメントを書くことは重要な仕事です。blogを書くことは、誰かに的確な情報を伝えるよい練習になるでしょう。

あなたの出会った困難と、克服する過程を発信すること。ちょっとの恥ずかしさと手間を乗り越えれば、それはきっとあなた自身と、そしてあなたのまだ見ぬ後輩に、すばらしい学びをもたらすことでしょう。


108番目のきのこを生やす会 : ATND
http://atnd.org/events/11274


移転のお知らせ

「Kwappa開発室」は移転し、「Kwappa研究開発室」としてリニューアルしました。大変お手数ですが、ブックマーク / RSSフィードなどの登録を修正していただけますようお願いいたします。

新しいURLは以下の通りです。

Kwappa研究開発室
http://randd.kwappa.net/

Kwappa研究開発室 (RSS feed)
http://randd.kwappa.net/feed

エントリはすべて「Kwappa研究開発室」に移転しています。旧blogのエントリは当面そのままですが、徐々に本文を削除して新blogへのリンクに差し替える予定です。

引き続き「Kwappa研究開発室」をどうぞよろしくお願いいたします。

告知です。

@IT 自分戦略研究所 エンジニアライフにて、コラムニストをさせていただくことになりました。

Profile_wifehacks

コラムタイトルは「Wife Hacks ~仕事と家族とコミュニティと~」。「Wife」に代表される家族と趣味の開発やコミュニティ活動を円満に両立させる方法を探っていきます。

昨日第1回が公開されました。今のところ執筆ペースは決めていませんが、随時更新していこうと思いますので興味があればご覧いただけると幸いです。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

Wife Hacks ~仕事と家族とコミュニティと~: エンジニアは時間泥棒と戦っている
http://el.jibun.atmarkit.co.jp/wifehacks/2009/09/post-9527.html

Wife Hacks ~仕事と家族とコミュニティと~
http://el.jibun.atmarkit.co.jp/wifehacks/

エンジニアライフ - @IT自分戦略研究所
http://el.jibun.atmarkit.co.jp/

@IT自分戦略研究所 - ITエキスパートのための成長支援メディア
http://jibun.atmarkit.co.jp/

@IT – アットマーク・アイティ
http://www.atmarkit.co.jp/

「DebugHacks&Tシャツ欲しい」

「拙速は巧遅に勝る」ということで手早くエントリした。書籍自体はもう届いていて読み始めたところなのだが、Tシャツは喉から手が出るほどほしいので。

2009-04-30 – 未来のいつか/hyoshiokの日記
http://d.hatena.ne.jp/hyoshiok/20090430#p1

もし当選したら、書籍本体は東京Basic Technology勉強会の蔵書とさせていただく予定である。

ちょっとしたツール(モバイルの動画再生を助けるもの)をオープンソースで公開しようとして、はたと思い当たった。私は、ライセンスについてほとんど何も知らない。

さんざんOSSにお世話になっといて、「知らない」はあまりにもあんまりだ。知識は荷物にならないことだし、ここはひとつ基本的なことを学んでおこう、と思い立った。ちょうどいい参考書も見つかったことだし。

(さらに…)

ThoughtWorksアンソロジー」を購入したので、以前デブサミ2009で聞いた「オブジェクト指向エクササイズ」をやってみようと思っている。PHPでwebを作るときどの程度応用できるかにも興味があった。

同じころ。とある機能に仕様追加があったので、他人がずいぶん前に書いた箇所に手を入れる必要が出てきた。当該箇所を探り当て、ソースコードを開いて気絶しそうになった。

な、なんじゃこりゃ。

先日勉強会で「ダメコードをdisる」というそれはそれは悪意のあるテーマを取り上げたのだが、そっちのネタにすればよかった、と思うぐらいのコードが綴られていた。

ちょっと書き足す予定が大幅にリファクタして、やっと機能追加も完成し、私の心も(ほんの少し)晴れやかになった。そんなコードを二度と書かない / 書かせないために、「オブジェクト指向以前エクササイズのススメ」を提唱してみる。

注:
以下、とてもレベルの低いエクササイズが続きます。御用とお急ぎでない方のみ続きをどうぞ。

(さらに…)