Category: Tips

現在の仕事環境

現在の仕事環境

会社から仕事用マシンとしてMacBook Pro (13 Early 2011)が支給されて、非常に快適に仕事をしている。今までのWindows機は外部モニタを2枚つないで本体は閉じていたのだが、Macになってからは本体のモニタ+外部モニタ構成にしたので、机の上もだいぶ省スペースにできた。

ところが、更なる快適さを求めてプライマリモニタを本体から外部モニタに変えてみたら、微妙な落とし穴にハマってしまった。

Twitterで嘆いたら幸いにもすぐ反応をいただき、しかもそれがドンピシャ。見事翌日には解決したので、経緯をメモとして残しておく。

現象

フォントのアンチエイリアシングがおかしい。かかってはいるが、なにかかすれている感がある。

アンチエイリアスが弱い

アンチエイリアスが弱い

こんな感じ。

(さらに…)

MacBook Airがモデルチェンジした。

今のMacBook Pro (13 mid 2009)でも動作的な不満はあまりないのだが、物理的な重さにはだいぶメゲていた。2年も使えば償却も十分、ということで、発売日にオーダーして使っている。

そして職場で開発に使うマシンとして、MacBook Pro (13 Early 2011)が支給された。もちろんOSはLion。やったぜ!

というわけで手元にはクリーンインストールされたLionマシンが2台ある、という状態になった。真っさらのOSを開発できるように整えていくのは、面倒だけど楽しい作業でもある。手元にあるMacも順次Lionに入れ替えていくので、いろいろ行った作業の手順をメモっておく。


(さらに…)

Makrdownとは、軽量マークアップ言語のひとつである。Wikiの記法をご存知の方は、似たようなものだと思っていただければよい。

GithubREADMEを書くこともできるし、blog記事を書くにもラクができる。今までこのblogの記事もHTMLを手でちまちま書いていたのだが、いい加減ちゃんとしたツールを使おう、と思い立ち、emacsのmarkdown-modeが使える環境を整えた。

(さらに…)

このエントリは「Emacs Advent Calendar jp: 2010」の14日目です。前日の記事はtomoyaさんの「カーソル位置の情報で遊ぼう」でした。明日はnekopさんの予定です。


一応このblogはだ・である体で通しているので文体を元に戻して。みなさんかなりちゃんとした(かつ有益な)tipsを書かれているのでちょっと気後れするが、そんなことで自重するナイーブさはもう過去においてきたので気にしないことにする。

(さらに…)

オライリー・ジャパンさんより、「入門自然言語処理」という本をご献本いただいた。人生初の献本なのですごくうれしい。

書評を書くという約束でいただいているので、さっそく読み始める…のだけれど、この本は実習問題がたくさん掲載されているので、手を動かさずにただ読んでもあまり意味がない。そこで、サンプルを動かす準備をしてみた。


(さらに…)

twitterで流れてきたリンクに、CUIからgitを使うためのツールについての情報があった。早速試してみたらかなり便利だったので紹介してみる。

 

インストール

普通にソースコードを取得してビルド / インストールする。記事の時点での最新版0.16.2を使用したが、実際に試すときはreleasesページから最新のリリースを取得したほうがいいだろう。

% wget http://jonas.nitro.dk/tig/releases/tig-0.16.2.tar.gz
% tar -zxvf tig-0.16.2.tar.gz
% cd tig-0.16.2/
% ./configure
# (snip) configure: error: ncurses not found

おっと、依存ライブラリ(git-core / ncurses / iconv)が不足しているらしい。手元の環境ではncurses-develが不足だったので、yumからインストールした。

% yum list | grep -i ncurses
ncurses.i386                               5.5-24.20060715             installed
ncurses-devel.i386                         5.5-24.20060715             base
php-ncurses.i386                           5.1.6-27.el5                base
% sudo yum install ncurses-devel

気を取り直してもう一度。

% ./configure
% make
% sudo make install
% which tig
/usr/local/bin/tig

(さらに…)

あまり頻繁にやらない→やるたび毎回忘れるのでメモ。

環境

  • 中央リポジトリはsubversion (http)
  • 手元のVM(CentOS)ではgitを使いたい
  • ホストはWindows、Turtoise SVNを使う
  • ファイルシステムはWindows上に置き、VMからマウントして使う

作業

チェックアウト
% git svn clone http://exapmle.com/project_name/trunk project_name

チェックアウトしたディレクトリをWindows上で右クリック→SVN Checkout→該当プロジェクトをチェックアウト。git svnでcloneしたディレクトリに重ねてチェックアウトする。

日常の開発

普段はgitでbranchを切って、その上で生活する。svn commit(中央リポジトリへpush)するときは…

% git checkout master               # git側をmasterに切り替える
% git svn rebase                    # svn側の変更を取り込む
% git rebase master branch_name     # masterの変更をbranchに適用
% git checkout master               # git側をmasterに切り替える
% git merge branch_name             # branchの開発成果をmasterにmerge
% git svn dcommit                   # 変更をsvnにcommit

プロジェクトディレクトリを右クリック→SVN Updateし、svn側のバージョン情報をローカルにマージしておく。

Links

Subversionリポジトリと連携できるgit-svn – SourceForge.JP Magazine : オープンソースの話題満載
http://sourceforge.jp/magazine/09/03/26/0834222

githubが使いたくなったりcoLinuxのインストールに失敗したり、という理由があって、Windows環境でまともなシェルを使いたくなった。ちょっと調べたら、使い慣れたPuTTY / 使ってみたかったzsh / もはやおなじみcygwinで環境が作れそうなので、さっそく構築してみた。

環境はWindows XP Professional SP3 / Core2 Duo E7400である。

(さらに…)