この記事はRuby Advent Calendar 2014 – Qiitaの12/20エントリです。

TL;DR

  • TwitterっぽいURLを作るには、routes.rbにscopeを設定する。
Rails.application.routes.draw do
  scope ':name' do
    get '/', controller: :users, action: :show
  end
end
  • このルーティングにすると、ありがちなユーザ名取られた時めんどい

    • index
    • admin
    • blog
  • そこでusername_not_reserved_validatorですよ

(さらに…)

サイバーエージェントの平木さん(@Layzie)、原さん(@herablog)、紫竹さん(@79yuuki)との共著で、「Web制作者のためのGitHubの教科書 チームの効率を最大化する共同開発ツール」という本を執筆しました。

10/24、インプレスジャパンさんから発売予定です。昨日無事校了との連絡がありました。

どんな本?

Web制作者のための***の教科書」シリーズに連なる本で、エンジニア以外の人にもGitHubを使ってもらうための入門書です。Gitの基本的な概念と使い方、CUIとGUIでの操作、GitHubの機能とユースケースなどを、やわらかくわかりやすく紹介しています。

(さらに…)

7/17、渋谷ヒミツキチラボで開催された「ハックガールズpresents システムライトニングトークBar」というイベントでLTしてきた。

テーマは「Failure Teaches Sucess」。日本語で「成功は失敗のもと」。成功事例はよく公表されるけど、失敗はみんななかなかオープンにしたがらない。もっと失敗を晒していこうぜ!という意気込みで作ってみた。

(さらに…)

塩昆布

久しぶりの趣味俺得gemとして「Shioconv(塩昆布)」というのを書いてみた。今日はその紹介と、rubygems.orgへのpush / Travis CIの設定でちょっとだけハマったのでそのメモを晒しておく。

Shioconv(塩昆布)とは

料理をしていて「塩小さじ1って何グラム?」という疑問を持つことはないだろうか。

そんなとき、Shioconv(塩昆布)の出番である。

require 'shioconv'
salt = Shioconv.measure(:salt, 1, :tbsp)
salt.to_g => # 18.0

大さじ、小さじ、カップなどの体積と、グラムやポンドなどの重さを相互変換できる。

Rubyのコード的には特に目新しいこともしていない。キーワード引数を使ってるので、2.0以降でしか動かない、ぐらい。

調味料の種類やシノニムなどは増えると使いやすくなるので、データについてのPRは特にうれしいので、よろしくお願いします。

(さらに…)

こんにちは。最近gitづいているかっぱおじさん(飯王)です。

さて、今回は@matsukazさんから献本いただいた「開発効率をUPする Git逆引き入門」のご紹介。先日「にゃんっ!」( #git_nyan )で登壇したきっかけでご連絡いただいて、書評させていただく運びとなった。

Git逆引き入門

learn git or die

私は2011年にgitについて小一時間しゃべってるのだけど、世間はやっとgit / githubによる開発フローが当たり前になってきたらしい。それはつまり、git / githubについて「使えることが強み」な時代から、「使えないことが弱み」になってきた、ということだ。

ソフトウェア開発の現場では、使えて当然と思われるgit。すばらしいツールではあるんだけど、同時に「たかがツール」。ソフトウェアエンジニアのみなさんには、さくっと使いこなして、効率よい問題解決に注力してほしい。そのための高速道路として、本書「開発効率をUPする Git逆引き入門」はとてもよいガイドだ。

「ググれカス」より確かな資料

本書は「逆引き」「入門」のタイトルどおり、初心者が困ったときやりたいことベースで解決法を探すことに特化した本だ。

(さらに…)

2014-03-29に、「TokyuRubyKaigi 07」 ( #tqrk07 )が開催された。毎度おなじみ料理や酒を持ち込み、サントリーさんスポンサードの無限プレモルを飲みながらLTする、というイベントだ。

tl;dr

6度目の挑戦でついに宿敵である前代「飯王」を倒し、本編LTに採択されなかったのに計3回しゃべってきた。

料理

今回は4品持ち込んだ。例によって @arimoくんの写真がすごくうまそうなので、紹介に使わせていただくことにする。

テリーヌ

(さらに…)

3/25、「みんなでGitHub勉強するにゃんっ!」というわりと恥ずかしいタイトルの勉強会で登壇してきた。

スライドはこちら。

初心者向けということ、共演の講師がよしおかさんさわださんということから判断して、私のセッションはなるべくゆるっとした内容にしてみた。

(さらに…)

この記事はパーフェクトRuby Advent Calendar 2013 12/23の記事です。

タイトルがやたら長い上に意味不明なので、結論から書いておきます。

サマリ

  • RailsからRubyに入るとRackのことを意識しなくても動くアプリが作れる
  • でも仕事で開発してるといつか向き合う必要が出てくる
  • 「パーフェクトRuby」という本の「Webアプリケーション開発」という章が「最も小さなRackアプリケーション」から始まるのはとてもいいことだ


(さらに…)

著者である「Rubyサポーターズ」のリーダー(?)、まーくんから本書「パーフェクトRuby」をいただいてからはや2か月。すっかり遅くなってしまったが、「パーフェクトRuby」の書評をやっと書いた。

ちなみにこの2か月何をしていたかというと、普通に本書を仕事に活用していた。いやー役に立つ本だ。さすが、信頼と実績のパーフェクトシリーズ。そして遅くなってごめんなさい、まーくんと愉快な仲間たち。


信頼と実績のパーフェクトシリーズ

技術評論社から出ている「パーフェクトシリーズ」は、どれも「その言語で仕事するならまずは読んでおけ」という内容を網羅した、信頼と実績のシリーズである。私も「パーフェクトPHP」と「パーフェクトJavaScript」の書評をさせていただいたのだが、どちらもとてもよい内容だった。

もちろん本書も「パーフェクトシリーズ」の名に恥じぬデキで、Rubyで仕事するなら知らなかったではすまされない内容を網羅している。

(さらに…)