Tagged: GenesisLightningTalks

9月9日、GenesisLightningTalks第19回LightningTalksに参加してきた。前回は居酒屋LTだったが、今回は最近ずっとお世話になっている日本オラクルのセミナールームをお借りしての開催。それほど久しぶりな気がしないのは、他の勉強会で何度かお邪魔しているからだろう。「開催:日本オラクル」の勉強会が定着してきたことを感じる。

性懲りもなく一番手で発表したスライドはこちら。

(さらに…)

8月9日、GenesisLightningTalks第18回LightningTalksに参加してきた。

このイベントは慣例的に毎月下旬の平日夜に行われていたのだが、今回は「上旬に開催する」テストを行いつつ、初の日曜開催 / 久しぶりの「居酒屋プレゼン」というスタイルで行われた。

今回のテーマは「祭」。いろいろぐるぐる考えた結果、過去の黒歴史を晒すという恐ろしいところに着地してしまった。まぁ、済んだことは仕方ない。

スライドはこちら。

(さらに…)

6月18日、GenesisLightningTalks第17回LightningTalksに参加してきた。

今回のテーマは「自己ベスト」。会場は最近すっかりコミュニティ活動の会場としてお馴染みになった日本オラクルさんの本社ビル「オラクル青山センター」での開催である。

「自己ベスト」って言ってもなぁ…と悩みながら、いろいろネタを考えた。所詮「自己」だし、毎度お馴染み自重しないトップバッターだし、多少場をほぐせれば役割は果たせるだろう、ということでフォアボール狙いの軽いネタがまとまった。

スライドはこちら。今回はぎっしり詰め込まなかったら、30秒以上も余らせてしまうという前代未聞の事態になった。

(さらに…)

5月21日、GenesisLightningTalks第16回LightningTalksに参加してきた。

今回のテーマは「笑い」。前回に続いて日本オラクルさんの本社ビル「オラクル青山センター」をお借りしての開催となった。

私は「ちょっと草植えときますね型言語」ことGrassをネタに、「笑ってるように見えるプログラミング言語」というテーマで発表した。今回は久々に電子工作なし。

(さらに…)

4月23日、GenesisLightningTalks第15回LightningTalksに参加してきた。

今回のテーマは「DB」。なぜかといえば、会場に日本オラクルさんの本社ビル「オラクル青山センター」13F、セミナーフロアをお借りして行われるから。以前から何度か参加されているid:yokatsukiさんが中の人という縁で実現した、大変豪華な会場でのLT大会となった。

「DB」といってもデータベースに限らない、というのがGLTの愉快なところ。なんなら「ドラゴンボール」でも一向に構わないのだが、さすがにそこまでのチャレンジャーはいなかった。

私のスライドはこちら。

なんとまぁワンパターンなことに、またしても電子回路。今回は組んでもその後活用できないネタだったので、基盤ではなくブレッドボードに実装した。

【2009-04-29 追記】回路図と写真は別エントリした。
Kwappa開発室: トランジスタでNAND回路を組む
http://kwappa.txt-nifty.com/blog/2009/04/nand-8d4c.html

(さらに…)

3月25日、GenesisLightningTalks第14回LightningTalksに参加してきた。

今回のテーマは「プロジェクタを使わないプレゼン」。前回の懇親会で決まったテーマであるが、コンピュータのあれこれを生業としている人間にはずいぶんとハードルが高い。でもまぁ出るんだけど。「ハードル高いなぁ(ニヤニヤ)」とか思いながら。

(さらに…)

2月25日、GenesisLightningTalks第13回LightningTalksに参加してきた。気がついたら発表するのも4回目で、しかも前回に続いて発表順トップ。ネタまで前回に続いて電子工作という有様。そろそろ別の路線を考える必要があるか?

スライドはこちら。

(さらに…)

1月28日、GenesisLightningTalks(以前は別の名前で開催されていた)の第12回LightningTalksに参加してきた。私はすでに過去2度(vol.10 / vol.11)発表させていただいており、今回の発表は3度目になる。

このイベントでは「懇親会の席上で次回のお題を決める」のが恒例になっている。前回は2008年11月に「今年の漢字」をタイトルに含む、ということに決まっていた。そして発表されたのが「」という文字。これをタイトルに盛り込まなくてはならない。

ということで発表資料がこちら。ずいぶん大仰なタイトルをつけてしまい我ながらちょっと恥ずかしいが、内容は半分が自分語りというさらに恥ずかしいものである。

(さらに…)