Hiromu Shioyaさん(@kwappa)が投稿した写真

ござ先輩から著書「独習Python入門 1日でプログラミングに強くなる」をご恵贈いただきました。

Pythonはほとんど未経験だったので、サンプルコードは全部写経してみつつ、感想を書いてみました。コードと一緒にGitHubにてご覧ください。

kwappa/gothe_python


ソフトウェアエンジニアのあいだで人気が高まっているチャットサービス「Slack」。みなさんはもうお使いですか?

洗練されたUI、柔軟な他サービスとの連携、オープンなAPIなど、エンジニアにとってはグッとくる特徴を備えています。僕の周囲でも他サービスからSlackに乗り換える会社が多く、プライベートなコミュニティがSlack上に構築されることも増えてきました。

そんな盛り上がりを見せているSlackに、待望の入門書が出版されました!それがこの「Slack入門 ChatOpsによるチーム開発の効率化」です。著者の@matsukazさんからご恵贈いただいたので、書評させていただきます。

(さらに…)

4/25、ITスタッフィングさんのご依頼で、「エンジニアとして生きのこるためのスキルをキャッチアップする技術を学べるセミナー」というお題でしゃべってきました。LTより長くしゃべるのはずいぶんひさしぶりです。

講演資料


講演の対象はITスタッフィングの登録者がメイン。お弁当が出て僕の著書がプレゼントされるという太っ腹なイベントでした。


しゃべってきたこと

「派遣エンジニアが収入を上げていくにはコミュ力をあげるかスキルを磨くしかないよね」という主催者の仮説に基づき、先月開かれた「コミュ力を上げるセミナー」に続いての第2回として、日々のどんな取り組みがスキルアップにつながるかを話してね?というオーダーでした。

そこでキーワードとして…

(さらに…)

ニコニコ動画とAWS

ニコニコ動画のインフラ、というと巨大なオンプレミス環境というイメージをお持ちの方が多いようです。実際ほとんどのサービスはオンプレミス環境で動いており、一時期は「日本のインターネットトラフィックの10%を占めている」などと言われたりもしました。

ところが今年に入って、弊社ではAWSの利用が急増してきました。AWS Summit 2015では「ドワンゴが AWS を使ってみた」というセッション(レポート / スライド / 動画)で、LDRの事例を紹介しています。

また、10月にリリースされた「ニコナレ」や「ニコルン」といった新サービスも、オンプレミス上の基盤システムをAWS上のサービスから利用する、という形で構築されています。特に「ニコナレ」のバックエンドで稼働しているメディアストレージはマネージドサービスを多用しており、スピーディなリリースに寄与しています(詳細 : RubyとAWSでつくるメディアストレージ基盤 – Qiita)。

このようにAWS活用の流れは加速しており、来年以降も事例は増えていく見通しです。

「実践 = 仕事」でAWSに入門するために

しかし、AWSの利用経験は乏しかった弊社、インフラ担当のエンジニア陣は試行錯誤の連続でした。僕が見ていた「ニコナレ」チームでも悪戦苦闘し、なんとかリリースにこぎつけたころ、「Amazon Web Services 実践入門」という本が出版されたのです。


(さらに…)

めりくり〜〜〜。これはドワンゴ Advent Calendar 2015の最終日の記事です。みなさんはいい子にしてましたか?サンタはきましたか?

なんとまあ、この記事はKwappa研究開発室1年ぶりのエントリーとなってしまいました。どんだけさぼっていたんだ…。

今年の仕事

さて。

今年の主な仕事は、教育事業に関連する開発チームのマネージャーという立場でした。自分でプロダクトコードを書くとボトルネックになってしまう、という(高い授業料を払った)過去の学びから、ひたすら裏方に徹しています。打ち合わせやTODOの数も多く、マネージャーに対してのマネジメントが切実に必要でした。

プロダクトコードを書かないマネージャーであっても、ソフトウェアエンジニアたるもの「ないものは作るしかない」。というわけで、仕事の合間にちまちまとSlack Botを導入し、必要なプラグインを作っていました。

kwappa/kinoco

それがこのkwappa/kinocor7kamura/rubotyに機能を詰め込んでだものです。いくつか自前のプラグインも開発したので、それらを紹介していきます。

kinoco

(さらに…)

この記事はドワンゴ Advent Calendar 2014 – Qiita 12/25の記事です。まだ12/25ですよ!セフセフ!!

なお、この記事はドワンゴ所属のエンジニアが書いたものですが、あくまでも個人の見解であり、ドワンゴという会社やその関係者とは無関係です。

TL;DR

エンジニアの可視化

日本の未来、明るいかも

先日、とある採用イベントに参加してきました。プログラミング経験のある就活中の学生さんが、新卒を採用するIT系の企業20数社と交流する、というイベント。ブースでは企業ごとにプレゼン + 質疑応答、フリースペースでは「高専出身」「プロコン」「データサイエンティスト志望」などのテーマごとにたまり場で交流、というものでした。1枠20分が12枠あり、プレゼンと交流を6枠ずつ担当しました。

フリースペースのテーマの中に「作ってきたもの見せます」というコーナーがありました。「とりあえず話しましょう」とか「今日から就活開始」みたいなカジュアルなテーマに比べると人の集まりは少なかったけれど、予想よりずっとたくさんの学生さんが集まってくれたのには驚きました。スマホアプリ、Webサービス、Unityのゲーム。動画見せてくれた子もいたし、CSVのデータから正規化されたスキーマを返す、なんていうめっちゃ業務なプロダクトの説明もありました。

密かに少子化とスマホの普及、ゲームの高度化による「プログラミング人口の減少」を危惧しているおっさんとしては、いろんなものを手を動かしてコード書いて作ってきた学生さんが思いのほかたくさんいたので、日本の未来も捨てたもんじゃないな、と見直す気持ちになりました(老害発言)。

個人的には、いろいろ作ってみること、それを見える形で公開することは、ソフトウェアエンジニアとして楽しく生き、腕を磨くための大事な行動だと思っています。特に、ある程度時間が取りやすい学生時代にそういう習慣をつけておくと、そのあとのエンジニアライフがより充実したものになるのではないでしょうか。

「技術アピール」お待ちしています

(さらに…)

この記事はRuby Advent Calendar 2014 – Qiitaの12/20エントリです。

TL;DR

  • TwitterっぽいURLを作るには、routes.rbにscopeを設定する。
Rails.application.routes.draw do
  scope ':name' do
    get '/', controller: :users, action: :show
  end
end
  • このルーティングにすると、ありがちなユーザ名取られた時めんどい

    • index
    • admin
    • blog
  • そこでusername_not_reserved_validatorですよ

(さらに…)

サイバーエージェントの平木さん(@Layzie)、原さん(@herablog)、紫竹さん(@79yuuki)との共著で、「Web制作者のためのGitHubの教科書 チームの効率を最大化する共同開発ツール」という本を執筆しました。

10/24、インプレスジャパンさんから発売予定です。昨日無事校了との連絡がありました。

どんな本?

Web制作者のための***の教科書」シリーズに連なる本で、エンジニア以外の人にもGitHubを使ってもらうための入門書です。Gitの基本的な概念と使い方、CUIとGUIでの操作、GitHubの機能とユースケースなどを、やわらかくわかりやすく紹介しています。

(さらに…)

7/17、渋谷ヒミツキチラボで開催された「ハックガールズpresents システムライトニングトークBar」というイベントでLTしてきた。

テーマは「Failure Teaches Sucess」。日本語で「成功は失敗のもと」。成功事例はよく公表されるけど、失敗はみんななかなかオープンにしたがらない。もっと失敗を晒していこうぜ!という意気込みで作ってみた。

(さらに…)

塩昆布

久しぶりの趣味俺得gemとして「Shioconv(塩昆布)」というのを書いてみた。今日はその紹介と、rubygems.orgへのpush / Travis CIの設定でちょっとだけハマったのでそのメモを晒しておく。

Shioconv(塩昆布)とは

料理をしていて「塩小さじ1って何グラム?」という疑問を持つことはないだろうか。

そんなとき、Shioconv(塩昆布)の出番である。

require 'shioconv'
salt = Shioconv.measure(:salt, 1, :tbsp)
salt.to_g => # 18.0

大さじ、小さじ、カップなどの体積と、グラムやポンドなどの重さを相互変換できる。

Rubyのコード的には特に目新しいこともしていない。キーワード引数を使ってるので、2.0以降でしか動かない、ぐらい。

調味料の種類やシノニムなどは増えると使いやすくなるので、データについてのPRは特にうれしいので、よろしくお願いします。

(さらに…)